悪玉菌を減らす方法

私たちの腸内には、約500〜1000兆もの細菌が存在していると言われています。
その中には、体によい影響をもたらす善玉菌と、反対に、不調や病気の原因となる悪玉菌がありますが、悪玉菌が増えると肌荒れや便秘、免疫力の低下をはじめとした、さまざまなトラブルがあらわれやすくなります。
そんな悪玉菌を減らすためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

 

悪玉菌が増える原因はこんな習慣

悪玉菌の数は、普段の生活習慣や食事に大きく左右されます。
こんな習慣は、悪玉菌を大幅に増やす原因!思い当たることがある人は、要注意ですよ。

 

便秘が続いている

便秘になると、腸内で便が腐敗して悪玉菌が増えることが知られています。
悪玉菌が増えると、有毒なガスがたまって腸のはたらきが悪化し、ますます便秘になり、さらに悪玉菌が増える、という悪循環にも。

 

野菜よりも肉が好き!

タンパク質や脂肪分の多い肉類は、胃で十分に消化されないまま腸に届くと、悪玉菌の大好物になってしまいます。
一方、善玉菌の好物は、野菜などに含まれる食物繊維。
肉ばかり好んで食べる食生活が続くと、善玉菌が減り、悪玉菌の活動が活発になるのです。

 

スイーツやスナック菓子が大好き!

甘いものやスナック菓子などは、糖分や脂肪分が多く、腸内で悪玉菌のエサとなりやすいもの。
食べ過ぎると悪玉菌が増殖し、便秘になりやすくなります。

 

悪玉菌を減らして善玉菌を増やすコツ

それでは、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすためには、どうすればよいのでしょうか?

 

発酵食品を食べよう

ヨーグルトやチーズ、漬物などの発酵食品には、腸内環境をととのえる役割を持つ乳酸菌が豊富に含まれています。また、日本の発酵食品の代表格でもある納豆は、納豆菌のはたらきにより、悪玉菌を除去し、善玉菌である乳酸菌をサポートすると言われています。
毎日の食生活の中に、発酵食品を積極的に取り入れましょう。

 

食物繊維を意識しよう

食物繊維は、善玉菌のエサとなり、便秘を改善するはたらきがあります。食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2つがありますが、どちらもバランスよく摂取することが大切。野菜や海藻、大豆製品、きのこなど、いろいろな食品から食物繊維を摂ることを心がけましょう。

 

よく噛んで食べよう

食べ物が十分に消化されないまま腸に送られると、悪玉菌のエサが増えてしまいます。消化吸収を助けるためにも、食事はよく噛んで食べるようにしましょう。

 

また、善玉菌サプリで継続的に善玉菌を腸に送り込むことも善玉菌の増やし方としては有効な方法です。
ご自分の生活スタイルで一番続けやすい方法をぜひ見つけてください。