善玉菌と悪玉菌の比率−理想は?

私たちの腸内には、約500〜1000兆もの腸内細菌が住んでいると言われています。
この膨大な数の腸内細菌たちは、善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌という種類に分けられます。

 

善玉菌、悪玉菌、日和見菌は、腸内にそれぞれどれくらい存在しているものなのでしょうか?
腸内細菌の理想的な比率について、じっくりと見ていきましょう。

 

覚えておきたい理想の比率『2:1:7』

腸内細菌がよりよいはたらきをするためには、善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスがカギとなります。
その理想的な比率は、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7。

 

日和見菌というのは、その時の腸内環境に合わせて、善玉菌が多ければ善玉菌の味方を、悪玉菌が多ければ悪玉菌の味方をする菌。
つまり、善玉菌が悪玉菌よりも優位にはたらく環境をととのえておけば、日和見菌が善玉菌と同じように体によい作用をもたらしてくれるため、健康や美容に役立つのです。

 

善玉菌、悪玉菌、日和見菌のはたらき

それでは、善玉菌、悪玉菌、日和見菌とは一体何なのか、どのような役割を持っているのか、もう少し詳しく見てみましょう。

善玉菌

善玉菌は、腸のぜん動運動を促す、免疫力をアップさせる、悪玉菌が作り出す有害物質を排出するといったはたらきを持ち、私たちの美容や健康を守るために大いに役立ちます。
代表的な善玉菌には、ビフィズス菌、乳酸菌、納豆菌、酵母菌などがあげられます。

悪玉菌

悪玉菌が持つのは、善玉菌とは正反対のはたらき。
腸のぜん動運動を抑制して便秘を招き、便を腐敗させて有害な物質や毒素を作り出すため、肌荒れ、免疫力低下、口臭や体臭、生活習慣病などのトラブルが発生してしまいます。
悪玉菌としてよく知られているのは、ウェルシュ菌、ブドウ球菌、大腸菌(有毒株)などです。

日和見菌

私たちの体に直接影響を与えるわけではないものの、その数が非常に多く、善玉菌と悪玉菌、どちらか優勢な方についてはたらくのが、日和見菌。
日和見菌は、バクテロイデス、連鎖球菌、大腸菌(無毒株)などがあげられます。

 

腸内環境を健康に保つカギは、日和見菌が握っています。特に、年齢を重ねるとともに腸内の善玉菌は減少し、悪玉菌の割合が増えてくるため、腸内環境は悪化しがち。悪玉菌が優勢になると、大量の日和見菌が悪玉菌の味方について悪さをしてしまうため、日頃から意識して善玉菌を増やすことが大切です。

 

食生活に気を配ったり、乳酸菌サプリなどを利用したりして、乳酸菌や納豆菌などの善玉菌、そして、善玉菌をサポートするオリゴ糖や食物繊維などを積極的に摂取しましょう。