歯を磨いても口が臭い!…それ、悪玉菌のせいかも

悪玉菌による影響は、腸内だけにとどまらないのが怖いところ。
実は、強い口臭も悪玉菌が原因になっていることがあるのです!

 

歯を磨いても、ガムを噛んでもお口のニオイが気になる人は、腸内環境の乱れを疑った方がいいかもしれません。

 

気になる口臭、どうすればチェックできる?

口臭が気になっても、自分で自分のお口のニオイを確認するのは難しいもの。周りの人に聞いても、正直に指摘してくれるとも限りません。
そこで、自分で口臭をチェックする方法をいくつかご紹介しましょう。

 

手をなめてみる

自分の手のひらなどをなめて、しばらく時間をおいてから、その部分のニオイをチェックします。口臭がある場合は、唾液が乾いてからもニオイが残ります。

 

コップに息を吹きかける

空のコップに息を吹きかけて、一旦フタをします。一呼吸おいてから、フタを外してコップの中のニオイをかいでみると、口臭があるかどうかがわかります。

 

マスクをする

新しいマスクをつけて、鼻から息を吸い、口から吐くように呼吸します。1分ほどこの呼吸を繰り返したら、マスクのニオイをチェック。マスクから嫌なニオイがしたら、口臭が発生しているかもしれません。

 

悪玉菌で口臭がひどくなるのはなぜ?

悪玉菌の中には、消化されずに腸内に残ったタンパク質を分解し、悪臭を発生させる菌があります。その代表的な菌であるウェルシュ菌は、タンパク質をエサにして、インドールやスカトールといった、便やオナラのニオイを強くする物質や、アンモニア、硫化水素などの腐敗臭を発生させる物質を作り出します。

 

これらのニオイ物質は、血液とともに全身を巡り、肺に届きます。それが呼気として口から出てしまうのが、強い口臭の原因。特に腸内環境が悪化している場合には、口臭が便のようなニオイになってしまうこともあるのです。

 

口臭の原因は悪玉菌かも……と感じたら

自分の口臭が気になる時は、次のような症状や習慣がないか、振り返ってみましょう。

 

  1. 普段から便秘がち
  2. オナラのニオイが強い
  3. 肉を好んで食べる
  4. スナック菓子や甘いものが好き

 

これらに当てはまる場合は、腸内で悪玉菌が増殖していることが原因で、口臭が強くなっているのかもしれません。

 

その場合は、腸内環境をととのえることが急務!
善玉菌を増やすサプリを飲む、和食中心の食事を心がける、ヨーグルトやオリゴ糖、食物繊維などを積極的に摂取して、乳酸菌を始めとする善玉菌を増やすようにしてみましょう。