悪玉菌、善玉菌の多い少ない、どうやったら分かる?

善玉菌と悪玉菌のバランスが腸内ではどのようになっているのか、気になりますよね。自分で見ることができないお腹の中の細菌のバランスは、どのようにしてチェックすればいいのでしょう?
ここでは、腸内細菌のバランスを簡単に予測することができる方法をご紹介します。

 

便やオナラ、トイレの習慣をチェックしてみよう!

便の状態は、腸内環境の鏡。
便をチェックすると、腸内環境の状態がよくわかりますから、注意して見てみましょう。
以下ような項目に当てはまる場合は、腸内細菌のバランスが崩れ、悪玉菌が増えていると考えられます。

 

  1. 便の色が黒っぽい
  2. 便やオナラのニオイが気になる
  3. 強くいきまないと便が出ない
  4. 排便の間隔が決まっていない
  5. 便が硬くて出にくい、または反対にゆるい
  6. トイレを我慢してしまうことが多い
  7. 排便したのにまだ残っている感じがある

 

(参照:悪玉菌が増える原因

 

善玉菌が優勢になっているとどうなるの?

善玉菌が優勢になっていると、便やオナラはあまりにおわず、適度に柔らかさを保っているため、いきまなくてもするんと排便できることがほとんど。
また、

 

  1. 黄色がかった褐色
  2. バナナのような形と大きさ
  3. 便器の下に沈まず、軽く浮く

 

という特徴の便はとても理想的で、善玉菌が優勢にはたらいている証拠だと言われています。

 

善玉菌はちゃんとはたらいている? 日常生活をチェック!

普段何気なくしている生活習慣の中には、善玉菌のはたらきを低下させ、腸内を不健康な状態にしてしまうものがあります。

 

  1. いつも朝食を食べない
  2. 食事の時間が不規則
  3. 野菜をあまり食べていない
  4. お肉が大好き
  5. ファストフードや弁当を食べることが多い
  6. なかなか運動する機会がない
  7. 夜更かしすることが多く、睡眠不足だと感じる
  8. ストレスがたまっている

 

このような習慣に多く当てはまったら、要注意!
今、腸内では善玉菌が元気をなくし、悪玉菌優勢になっているかもしれません。

 

何かと忙しい毎日、生活習慣やトイレのリズムなどについて、深く考えることは少ないかもしれませんが、時々は上記のチェック項目を意識して、自分の腸内細菌のバランスを考えるきっかけにすることも大切ですね。

関連ページ

善玉菌を増やすヨーグルト
善玉菌を増やすヨーグルトは選び方にポイントが。自分も目的と合うヨーグルトを選ぶようにしましょう。
善玉菌を増やす食べ物
善玉菌を増やす食べ物はヨーグルト以外にもたくさんあります!特に日本人が古くから食べてきたものには注目です!
善玉菌の種類
善玉菌と免疫力のカンケイ
善玉菌と抗生物質