ヨーグルトだけじゃない!善玉菌を増やす食べ物

「善玉菌を増やすためには、ヨーグルトを食べなくちゃ!」と思い込んでいませんか?もちろん、ヨーグルトは善玉菌を多く含む代表的な食品。
(参照:善玉菌を増やすヨーグルト
でも、善玉菌を多く含む食べ物はヨーグルトだけじゃないんです!

 

善玉菌を増やすカギを握る3つの食べ物

腸内の善玉菌を増やすには、善玉菌そのものをたくさん腸に送り込んであげることが大切。そのために役立つ食べ物は、ヨーグルトの他にもいくつかあります。

 

ぬか漬け、キムチ、味噌などの発酵食品

乳酸菌というとヨーグルトをはじめとする乳製品を思い浮かべますが、実は、ぬか漬けやキムチといった漬物、味噌や醤油などの発酵調味料にも、乳酸菌は含まれているのです。

 

こうした植物を原料とした発酵食品に含まれるのは、植物性乳酸菌。
植物性乳酸菌は、乳製品に含まれる動物性乳酸菌よりも熱や酸に強く、塩分濃度の濃い、栄養の少ない過酷な環境の中でも育つことができるのが最大の特徴。
胃酸で分解されることなく、腸までしっかり届くパワフルな乳酸菌ですから、積極的に取り入れたいですね。

 

オリゴ糖や食物繊維を含む野菜や果物

オリゴ糖や食物繊維は、善玉菌そのものを含んでいるわけではありませんが、腸内で善玉菌のエサとなり、そのはたらきや増殖をサポートします。

 

特に、食物繊維は悪玉菌の大好物である脂肪の吸収を防ぎ、悪玉菌によって作られた有害物質を体の外へ排出してくれるはたらきを持つ、重要な栄養素。
オリゴ糖や食物繊維は、主に野菜や果物に多く含まれますが、中でもバナナや大豆、玉ねぎ、ごぼう、などにはオリゴ糖と食物繊維の両方が含まれているため、特にオススメです。(参照:悪玉菌を減らす方法

 

納豆

納豆も、植物由来の発酵食品。
オリゴ糖を含んでいるため、善玉菌のエサとなってくれると同時に、納豆に含まれる納豆菌が腸内で悪玉菌を攻撃し、増殖を抑えてくれます。
しかも、納豆菌と乳酸菌は、相性バツグンのカップル!
納豆菌と乳酸菌が同時に腸内に存在すると、乳酸菌の数が大幅に増えるのです。
腸内の善玉菌を増やしたい場合は、乳酸菌を含む食品とともに納豆を食べると、さらに効果がアップするでしょう。

 

善玉菌を増やすには、なるべく多くの食品からいろいろな善玉菌を取り入れることが大切。
ヨーグルトだけではなく、こうした善玉菌を多く含む食べ物、そして善玉菌をサポートするはたらきのある成分を含む食べ物をバランスよく食べて、健康な腸内環境を作りましょう!

関連ページ

善玉菌を増やすヨーグルト
善玉菌を増やすヨーグルトは選び方にポイントが。自分も目的と合うヨーグルトを選ぶようにしましょう。
善玉菌の種類
善玉菌と免疫力のカンケイ
善玉菌と抗生物質
善玉菌の量、どうやったら分かる?