善玉菌てどんな種類があるの?

一口に善玉菌といっても、その種類はさまざま。
ここでは、善玉菌の代表格としてよく知られる2つの菌について、詳しくお伝えします。

 

善玉菌には乳酸菌とビフィズス菌がいる

善玉菌といえば、乳酸菌とビフィズス菌という2つの菌の名前を思い浮かべる人も多いでしょう。
この2つは、どういった役割や特徴を持っているのでしょうか?

 

乳酸菌

乳酸菌には、棒状の形をした乳酸桿菌と、球状の形をした乳酸球菌とがあります。
乳酸菌の大きな特徴は、多くの乳酸を作り出して腸内を酸性にし、悪玉菌の繁殖を抑制すること。
乳酸菌のはたらきによって、悪玉菌が減少し、腸内環境がととのえられると、便秘の予防・改善、免疫力のアップ、コレステロールの低減など、さまざまなメリットが得られます。

 

乳酸飲料や乳製品などによく使われる乳酸菌は、ヤクルトでおなじみのヤクルト菌(乳酸菌シロタ株)、花粉症を軽減するとして知られるフェカリス菌、京都のすぐき漬けから発見されて有名になったラブレ菌などがあります。

 

ビフィズス菌

ビフィズス菌も、乳酸菌と同じように腸内に存在し、その環境をととのえてくれます。乳酸菌とは違い、Y字型やV字型に分岐している形が特徴です。
ビフィズス菌も、乳酸菌と同じように腸内で乳酸を作り出しますが、それとともに、殺菌力の強い酢酸、ビタミンB群、葉酸などを作り出し、整腸作用や免疫力のアップ、アレルギー症状の改善など、私たちの健康を守るために役立っています。

 

ビフィズス菌の種類には、ビフィズス菌の中でも世界ではじめて発見されたというビフィダム菌、多くのヨーグルトに利用されるロングム菌、赤ちゃんの腸内に存在するブレーべ菌などがあります。

 

乳酸菌とビフィズス菌の違いは?

ビフィズス菌は乳酸菌の一種だと言われることもありますが、厳密には違う特徴を持つ菌です。その違いは、

 

  1. 乳酸菌は酸素のあるところでも生きられるが、ビフィズス菌は酸素を嫌う
  2. 乳酸菌は自然界にも多く存在するが、ビフィズス菌はヒトや動物の腸内にしか存在しない
  3. 乳酸菌は主に小腸に存在するが、ビフィズス菌は酸素の少ない大腸内に存在する

などがあります。

 

違った特徴を持っていても、乳酸菌とビフィズス菌は、どちらも腸にとっては大切なもの。悪玉菌の増殖を抑えて腸内環境をととのえ、お通じを改善したり、免疫力を高めてアレルギー症状を軽減したりと、私たちの体によい作用をもたらしてくれる、健康の救世主なのです。
(参照:善玉菌と悪玉菌悪玉菌の種類

関連ページ

善玉菌を増やすヨーグルト
善玉菌を増やすヨーグルトは選び方にポイントが。自分も目的と合うヨーグルトを選ぶようにしましょう。
善玉菌を増やす食べ物
善玉菌を増やす食べ物はヨーグルト以外にもたくさんあります!特に日本人が古くから食べてきたものには注目です!
善玉菌と免疫力のカンケイ
善玉菌と抗生物質
善玉菌の量、どうやったら分かる?